MENU

待遇の良い薬局に転職するには?

人気の薬剤師天職サイトはここ

↓↓↓

安い給料が転職次第で上がる!薬剤師の給料が確実に上がる求人サイトを教えます

「苦労して勉強して薬剤師になった割に給料が安い」
「給料が安いのを解決するには転職しかない!だけど相談できる人がいない」
「就業しながら転職活動するのには限界があるから行動に移せない」
「薬剤師の転職に有利な情報が知りたい!だけどどこにそんな情報があるんだろう」…

 

そんなこんなでなかなか安い給料から脱出できないでいた日々。
そんな時に友人から教えてもらったのが薬剤師専門の求人サイトです。

 

悩んでいたのが信じられないほど、すぐに条件に合う求人をいくつも紹介してもらいました。
そうして今、収入アップを実現させたのです!
自分の能力を果たして評価してもらえるのか、高望みしない方が良いのかなんて不安だらけのスタートでしたが…。

 

断言します。
自分に合う条件の転職先は必ず見つかります!
迷うくらいなら思い切って転職活動を始めましょう。

確実に収入アップが出来る!後悔しない薬剤師専門の求人サイトとは?

「転職してみたけど、なんだかんだで前の職場の方が良かったかも…」。
そんなことを思って後悔しないかなんて、
一旦思いだすとマイナス思考の連鎖となって、転職活動に踏み切れませんよね。

 

「後悔するかも…?」この一言が簡単に決心を揺らがしてしまうんですよ。
心の中で、挑戦する自分と守りに入る自分で戦うんですよね。

 

自分だってそうでした。でも薬剤師専門の求人サイトに登録して、
この不安は完全に払しょくされたのです。
絶対に後悔しない転職が出来る、薬剤師専門の求人サイト。
人気の3サイトを比較してみましょう。

 

 

大手に転職・高収入が希望なら!リクナビ



 

大手就職活動情報サイト・リクナビで有名なリクルートが運営しているのが「リクナビ薬剤師
」。
他の転職サイトと比較して絶対的なメリットはズバリ「大手企業に強い」!

 

その反面、全体的な割合として大手以外の薬局などの求人は少なめに感じるかも知れませんが、
そもそも求人数が圧倒的に多いため、その辺は問題ないと言えます。
そして、コンサルタントの評判も良く、
転職ノウハウのようなアドバイスを含めた提案力では業界トップクラスの評価を得ているほど。

 

高収入求人数も多く、「給料が安いから転職したい」と考えている人には絶対におすすめです。
派遣は扱っていないものの「絶対大手に就職したい!」「高収入が欲しい!」と考えているなら登録すべきサイトと言えるでしょう!

 

 

求人が幅広いから理想の転職が叶いやすい・マイナビ



 

マイナビ薬剤師は、リクナビ薬剤師ほど知名度があるわけではないものの、
大手就活支援会社マイナビが経営しているサイトです。
マイナビの強みは「幅広い求人数」!
大手から病院、ドラッグストア、小さな薬局まで幅広く対応しているため、
自分の条件に合う求人を納得いくまで探すことが出来るんです。

 

派遣の取り扱いはありませんから、長期に同じ勤務地で働きたい方には嬉しいですね。

 

「納得いくまで」理想を追えるのがマイナビの強み!
だから顧客満足度が業界で1位なんですね。

 

マイナビは面談にも力を入れていて、多くの都市に支店があるため、
面談しながらしっかり相談したい人には絶対マイナビなんです。
「コンサルタントと面談でしっかり相談したい」
「自分の納得いく条件の求人を探したい」
「転職で絶対に後悔したくない・これ以上の転職は嫌」
「幅広い求人情報を比較して検討したい」
そんな人にもおすすめできるサイトです。

 

 

土日夜間対応可能だから就業しながらの活動出来る!ヤクステ




ハッキリ言ってヤクステは、求人数も知名度もリクナビ・マイナビには劣ります。
その代わり、地域密着型の小さな薬局などの案件は豊富だと評判が良いんです。
非公開求人の比率がとても高い印象があったんですが、
コンサルタントと話す中で、この理由が分かりました。

 

ヤクステのマーケティングや求人コンサルタントを行うスタッフは、
みなさん薬剤師業界を経験している方たち。
この専門チームで勝ち取った、非常に良い条件の案件を保有していて、
これは、ヤクステ登録者にしか閲覧できないようになっているそうです。

 

この非公開求人のほとんどは、ヤクステにしかない優良な案件ということ。
確かに非公開求人は驚くほど好条件のものが多く存在しました。
気になる人は早速登録して、中身を見てほしいです。

 

また、ヤクステの強みはサポート体制にもあります。
土日祝や夜間でも電話や面談の対応をしており、働きながらの転職活動も十分可能でした。

 

私は結局ヤクステの案件に応募しませんでしたが、
転職が成功した後でもフォローは続くと聞いた時は好印象でしたよ。
ヤクステは転職後の離職率が1%以下だと聞いていましたが、その辺は何だか納得出来ます。

 

「優良な求人を見逃したくない!」
「しっかりフォローしてほしい!」
「働きながらの転職を応援してほしい!」と考えている人にはヤクステなんですね。

 

 

薬剤師専門の求人サイトを利用するメリットはあるの?

 

ただでさえ転職には悩みはつきもの…。それなのに薬剤師のような専門職となると余計に悩みは増すばかり。

 

薬剤師専門の求人サイトは、薬剤師特有の悩みを解消してくれました。
薬剤師の転職に成功した私が、自信を持っておすすめできる薬剤師専門の求人サイト。

 

どんな点が良かったと感じているのかご説明したいと思います。

 

 

転職するからには給料アップ!高収入案件も多い

 

給料が安いと悩んで始めた転職活動…。求人広告では募集も少なく、
狭い範囲で考えなくてはいけませんから
「本当に後悔しないのか」と不安になりがちでどうしても行動に移せませんでした。

 

なかなか見かけない薬剤師の求人も、この薬剤師専門の求人サイトに登録しただけで、
全国の薬剤師の求人が閲覧できるようになったんです!それも数万件も!

 

 

中でも登録しないと見れない「非公開求人」には、信じられないほど好条件の案件が多数存在しました!
リクナビもマイナビもヤクステも、それぞれ良い案件はありますが、
印象としてはリクナビ薬剤師が高収入案件が多めだったと思います。

 

 

仕事と並行しての就職活動をしっかりサポート!だから安心

 

薬剤師専門の求人サイトで一番良かった点は「就業しながら転職活動が出来る」ことでした。

 

収入を途絶えさせるのは辛いし、でも就業しながらだと、時間も曜日も限られて、
なかなか思うように活動できなかったのです。当時の職場に「転職活動で休ませてほしい」なんて言えないですしね。

 

それが、薬剤師専門の求人サイトのコンサルタント
面談日の調整・条件交渉など「忙しくて相手先と相談しにくいが、
譲れないこと」を代わって対応してくれたのです。

 

中でも、ありがたかったのが退職手続きなどの方法についてのアドバイス
転職活動に必死すぎて、退職手続きの事まで正直なところ頭が回らなかったんです。
こんな細かいところまでフォローしてくれるのかと、感動してしまいました。

 

 

業界に精通したスタッフだから心強い!最新情報をいち早くゲット

 

私の場合、転職する際に気になるのが人間関係。
いくら安い給料から脱出できても、職場の雰囲気が悪いと辛いですよね。

 

でも、こんなこと面接で聞けません。普通は聞くのを諦めるようなことですが、
薬剤師専門の求人サイトは、職場の雰囲気・どんな人たちなのか・世代はどのくらいなのか…
そんなことまで事前に調査してくれたんです。

 

「安い給料から脱出できたけど人間関係が悪くて辛い…」
そんな失敗を事前に防げるんですよ。

 

自分で求人を探すよりよっぽど後悔の無い転職活動が出来ました。
このくらいフォローしてくれることは知らない人も多いと思いますが、サポート体制は予想以上でしたよ。
新着求人も毎日数十件入りますから、
最新の求人情報を見られるので「チャンスを見逃す」なんてこともなかったですね。

 

 

相談できる相手がいない…業界のプロがサポートするから大丈夫!

 

周囲に薬剤師がいたり、それも薬剤師として転職経験がある人がいるなら相談できますが、
専門職だけにあまり相談できる人もおらず、知っている薬剤師と言ったら同じ職場の人だけ。
当時の職場の人に転職の相談なんて出来るはずもなく、一人で悶々と考え続ける日々でした。

 

薬剤師専門の求人サイトのコンサルタントは、薬剤師専任です。
豊富な知識と経験で、職務経歴書の書き方や面接の心構えなど、
転職アドバイスをもらえるだけでもありがたかったのですが、
自分ではどうしたら上手くいくのか分からない条件交渉などにも対応してくれ、
出来る限りこちらの希望に近づけるように努力してくれました。

 

不安に思っていることや分からない事は迅速に解決しようと言うプロ意識を感じられ、安心して信頼していました。

 

 

病院・ドラッグストア・製薬会社…自分が納得するものを選べるから後悔しない

 

薬剤師専門の求人サイトに登録して思ったことは、自分の視野がいかに狭かったかと言うこと。

 

病院の薬剤師の世界しか知らなかったのですが、
経験を活かして病院の薬剤師としてのキャリアアップばかり考えていたのです。

 

それがドラッグストアの求人を見てみると、収入アップとともに楽しさも見いだせるんじゃないかと感じられたんです。
これは、幅広く求人を扱っている薬剤師専門の求人サイトならではだと思います。

 

製薬会社についても、自分には敷居が高いと決めつけていたのですが、選択肢の一つにするのもアリだと思いました。
一つの考えに固執するのは損なのだとつくづく感じました。
視野を広げることでどんどんチャンスが広がるんです。

給料が安い?働く場所でも違う薬剤師の収入

 

薬剤師と言っても働く場所は様々。だからと言って、給料が安いからと給料だけに囚われて転職すると後悔する原因になるんですよね。
給料と職務内容のバランスが本当に大事!そして自分に合う職務内容で、なおかつ自分の理想の条件に当てはまれば最高!コンサルタントに相談する前に、働く場所についても考えてみましょう。

 

病院薬剤師・調剤薬局薬剤師

 

病院や調剤薬局の薬剤師は、薬剤師業界でも年収は低い方なんです。
キャリアアップで年収は600万円ほどを目指せても、そのくらいが限界なんですね。
これを安いと取るか、これで良しとするか…。
しかし、これも地域や規模によって変わってくるので、一概には給料が安いとも限らないんです。

 

人材が不足しがちな地方や、小規模な薬局なら比較的年収は高くなることもありますから、
薬剤師専門の求人サイトのアドバイザーに確認しておきましょう。

 

 

ドラッグストア薬剤師

 

ドラッグストアの薬剤師は、病院や調剤薬局よりは少し高めの収入が期待できます。
しかし、これは業務内容を含めて総合的に判断しなければ後悔のもとです。
拘束時間も長く、薬以外の商品も扱うドラッグストアで品出し・レジ打ちなどの業務もこなさなければなりません。

 

店長クラスになれば、かなり年収もアップしますが、当然責任も拘束時間も多くなるため、
特に女性の薬剤師は家事育児との両立はかなり困難になる可能性が出てきてしまうことを念頭に考えたいですね。

 

メリットとしては、大手のドラッグストアだと福利厚生が恵まれているところも多いと言うところ。

 

トータル的に自分のライフスタイルに合うのかどうかを正確に判断できるかがポイントとなってくるようですね。
コンサルタントを通してしっかり企業側と相談してみましょう。

 

製薬会社薬剤師

 

製薬会社の薬剤師は、他と比較しても収入は多く、福利厚生が恵まれています。

 

収入は薬剤師の中でも多く、大手以外でも400〜800万円以上、
大手なら30代でも1,000万円を越えることもあるんです!

 

新薬の開発や新薬の治験、管理薬剤師など働き方も色々あり、
薬剤師の仕事を思う存分発揮できるメリットも大きいですね。

 

 

求人はほぼ無いと思い込んでいましたが、
薬剤師専門の求人サイトでは結構案件もあるんですよ。
その中でも研究職は限られた求人で、あまり採用がなく、
営業職にあたるMRに就く人が多いようですが、
コミュニケーション能力も必要となってくるため向き不向きがはっきり出る職種とも言えます。
収入だけに囚われずに、働き方も含めて考慮すべきなんです。

 

 

 

同じ薬剤師でも働き方で違う!働き方は納得していますか?

 

薬剤師なのに給料が安いと悩んでいるからって、高収入にさえなれば良いってものではないですよね。自分のライフスタイルを見直して、働き方を確立させておきましょう。自分のライフスタイルに合う働き方の求人の中から高収入のものを探していけば良いのです。

高時給!働きやすい!派遣薬剤師

 

派遣薬剤師の強みは自由に時間が設定できる・子育てとの両立がしやすい点です。

 

比較的高時給であるため効率よく稼げますね。また高時給であるがゆえ、
残業を任されることが珍しく、子供がいて残業が出来ないママにはとても良い仕事と言えます。

 

派遣業法により、派遣は6ヶ月で職場を変わらないといけませんから、
派遣のまま同じ職場に居続けることが難しいのが難点で、
また、派遣だと経験を買われるケースが多いため初心者だと案件が少なめで
採用されにくい傾向であることを知っておきたいですね。

 

一旦派遣薬剤師として働いて、職場の雰囲気を見てから
正社員になるケースも多いですから、ゆくゆく正社員を考えている人にもおすすめの働き方なんです。

 

「短時間で高時給!」
「経験はあるから大丈夫!」
「残業はしたくない!」
「職場の雰囲気を見てから正社員になりたい!」
そんな人には派遣薬剤師をおすすめします。

 

 

働きやすく条件次第で社会保険に加入可能・パート薬剤師

 

パート薬剤師はフルタイム薬剤師よりも融通が利きますし、
転勤になる事もありませんから、安定して同じ職場で働き続けられるメリットがあり、
条件がはまれば、社会保険に加入することも可能です。

 

病院の求人でパート案件は非常に少ないものの、
ドラッグストアや調剤薬局の求人は多数あり、引く手あまたとも言える状況ですね。

 

正社員などとは違い、責任のある仕事ではなく単純作業の繰り返しが多いため、
やりがいを一番に求める人は向きません。
「同じ職場で続けたい!」
「家事育児と両立したいから正職員にはならない」
「責任のある仕事は出来るだけ避けたい」
そんな人にはパート薬剤師がおすすめなんです。

 

安定、やりがいを求めるなら・正社員薬剤師

 

正社員だと、月給以外にも住宅手当や地方手当などの福利厚生、
もちろんボーナスももらえます。職場も大手ではない限り転勤することなく同じところで働けます。
昇給ももちろんありますし、昇格もありますからやりがいを一番感じられる働き方でもあります。

 

フルタイムで責任も大きいため、女性だと結婚・出産を機にパートになるケースも多いようですが、
出産育児休暇や手当ももらえることから、状況次第では正社員のまま復帰することも可能です。
「絶対的に安定!」
「やりがいがある仕事がしたい!」
「仕事が大好き!」
「しっかり稼ぎたい!」
そんな人にはやはり正社員なんですね。

 

薬剤師でも同じ!転職で求められる人材とは

 

薬剤師の転職は言わば特殊な部分もあるとは思いますが、転職がゴールではありません!自分が転職先に条件を求めたように、企業側にも「求める人材」は必ずあるんです!転職先での心構えの基本をもう一度振り返ってみましょう。

仕事に対する積極性

 

大学での就職活動を思い出してください。自己PRや志望動機で
・消極的な意見を述べようと思いましたか?
・企業側に積極性のある人材だと思ってもらおうと考えませんでしたか?
採用する側からすると、ゆとり教育の世代はいわゆる「指示待ち人間」が多くいるように感じるようです。

 

もちろんゆとりのせいだけではないでしょうが、
自分から難題に取り組もうとする姿勢があるかないかで印象が変わってしまいます。
経験者なんですから「私はこんな仕事が出来ます!」と言うことを自信を持ってアピールしてみましょう。

 

臨機応変に対応する柔軟性

 

「臨機応変」って難しいですよね。
機転を利かせるつもりが、一歩間違えると「勝手な判断」となっていまうことも。

 

この辺のさじ加減はなかなか難しいですが、やはり言われたこと以外何も出来ない・
突発的なことがあるとパニックになってしまうなどでは周囲の負担になることになりかねません。
簡単に言うと「1つの考えに固執する」「1つの結果しか想定しない」ことをやめること。
相手の立場や意見を尊重するのは仕事だけでなく人間関係でも言えることですね。

 

知識が豊富・即戦力

 

転職する時に一番言われたくないのは「今まで何やってたの?」
「何年働いて、こんなことも知らないの?」と言うことです。

 

中途採用ではよくある話なんですよ。企業ごとの仕事の進め方は違いますし、
その辺の違いには慣れが必要ですが、どこに行っても強みになるのは「知識」です。

 

仕事に限界を求めたり、妥協をしたりするのは失敗のもと。
「やはり中途採用だけあって即戦力で助かる!」と言われるように
最強の武器である知識を詰め込んでいきましょう。

後悔先に立たず…転職して後悔するときってどんな時だろう

 

転職を繰り返す人は、やはり転職の仕方に問題があるケースがほとんど。
しっかりと目的を持って転職を目指していましたか?
転職を失敗したと感じた人の失敗談を元に、
転職のあり方を考え、自分は転職で失敗しないようにしましょう。

 

待遇は良くなったけど残業が多すぎるなど体力的にキツイ

 

「給料が安い!これが一番の不満なんだから給料が高い所を探す!」
その一点だけを考えて失敗する人って本当に多いんです。

 

確かに世の中金だと思うことって多いですよね。愛はお金で買えないなんて誰が言ったんでしょうか。
愛どころか夢もすべて手に入るような気さえするお金。
しかし、仕事では収入以外でもしっかり確認しておかないといけないところはあります。

 

「待遇は良くなったけど、仕事量が多すぎて定時には帰れない」
「薬剤師以外の仕事が多すぎる」など、これでは何のために転職したのか分かりません。

 

安い給料さえ改善されれば何でも良いと言う人は良いですが、
ほとんどがそうではないですよね。
自分の凝り固まった考えに固執せずに、業界のプロでもあるコンサルタントとしっかり話し合いましょう。

 

条件面は良かったけど人間関係が最悪で辞めたい…

 

日常でも仕事でも人間関係って大事ですよね。この問題があるかないかで心理的ストレスが全然違います。
仕事は毎日同じところに行って、同じメンバーとするものです。
それが最悪な人間関係のまま何年も過ごせるメンタルがありますか?

 

給料が安いと言う悩みから解放されたところで、
それを超えるストレスに悩まされる可能性があるんですね。

 

これが怖い人は、一旦派遣薬剤師として職場に入り、
職場の雰囲気を見てから正職員として採用される「紹介予定派遣」を考えてみましょう。

 

「仕事をともにすると言うことは、一緒に生きると言うこと」なんてことを言った人がいましたが、
本当にそうですよね。どうせなら、仕事も人間も好きになれる職場に行きましょう。
コンサルタントに相談すれば、事前調査も進んでやってもらえますから、遠慮せずに聞きましょう!

 

何のために転職したの?収入アップでも福利厚生が悪い

 

転職するときに給料だけを見ている人は、転職を失敗する確率が上がってしまいます。
例えば月収25万円、住宅手当が5万円・家族手当が2万円ついています。
これと月収30万円、手当なし。どちらが良いか分かりますよね。

 

どうしても転職する際は収入面が一番気になるものですが、
やはり他のメリット・デメリットも調査しておくべきなんです。
薬剤師専門求人サイトのコンサルタントなら、
これをしっかり教えてくれるはずです。納得いくまで質問してくださいね。

 

薬剤師は転職次第で待遇を改善できる!自分の実力に合う収入を目指そう

 

薬剤師専門の求人サイトを利用して、まず少ないと思い込んでいた薬剤師の求人がこんなに存在するんだと驚かされました。
そしてそれ以上に、フォロー体制がしっかりしていることがとても助かりました。

 

就業しながら、なおかつ自分の理想の条件を満たす求人を探し、転職を勝ち取る…。

 

薬剤師専門の求人サイトに出会う前は、かなり難しいことだと思い込んでいたのですが、

 

結果、信じられないほど簡単に実現したんです!
今では給料が安いと悩み考え込んでいた日々が嘘のようです。
給料が安いことに不満・今の現状を打開したいと考えているなら、すぐに登録して相談してみて下さいね

 

まとめ

 

リクナビ・マイナビ・ヤクステ、3社に登録して始めた転職活動。
どのサイトも良い案件を非公開求人として保有しており、選ぶ幅が広がって迷うほどでした。

 

結局私は、マイナビに紹介してもらったドラッグストアで薬剤師として勤務しています。
病院薬剤師とは違い、薬以外も扱いますし、レジ打ちなどの業務も多数ありますが、
自分にはこの働き方が合っているようですね。
職場の雰囲気もアドバイザーから聞いていた通り明るくて、
忙しいながらも楽しく毎日を過ごせています。

 

薬剤師専門の求人サイトで後悔しない転職活動をして、理想の人生をスタートできたと満足しています。

 

更新履歴